FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽にかける橋

1970・8・6(木)  東京12チャンネル

太陽にかける橋           キャロル・ベーカー、ジェームズ・しげ田


日本人の夫を持ったアメリカ女性の物語。実話で今なお娘さんと奥さんは健在だそうだ。
第二次世界大戦が始まり、日本とアメリカは対立した。
しかし、それにもかかわらずグエンは日本で夫と暮らすことを決意。
一人娘のマリ子とともに唯一人日本へ
夫は平和主義者で売国奴とまで同国民しかも元親友に言われる。
しかし、戦争は終わり、三人に平和が訪れた。
だが、日本人の夫は彼女にマコを連れてアメリカへ帰れという。
彼はお墓にお参りしていた。
彼女は思い出した。
大事なことはちゃんと報告するんだ。結婚、赤ちゃんの誕生、死ぬ前の挨拶。
そして、彼のいとこが妻に言ったことば。
お前は早く帰れ!
死ぬ前の苦しみを妻に見せたくないためであった。
グエンはマコをつれて、アメリカへ渡る決心をした。
彼はあと2~3ヶ月しか生きていけないという。
やっと平和になったものの二人には別れが待っていた。

感動する映画であった。
こういう名作はどんどん作ってほしい。
やはり日本は静かな国だ。
          
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
お役立ち情報
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポエムービー

Author:ポエムービー
言葉文字詩の世界へようこそ
少しでもあなたの心に響きますように・・・

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
現在
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。