FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレマークの要塞

1971・1・1  12:00~2:00    NET

世界最大のショウ     チャールトン・ヘストン、ベティ・ハットン
                ジェームズ・スチュワート


1971・1・4(月)PM2:30~    NET

賞金を追う男      ランドルフ・スコット、ドロレス・ドン


1971・1・5   2:00~     NET

必殺のガンファイター         ランドルフ・スコット


1971・1・4     9:00~11:00    TBS

テレマークの要塞         カーク・ダグラス、リチャード・ハリス

・雪の山々に黒いカラスのようなドイツ軍 ナチ
・一筋に追ってくる黒いアクマ  ナチ
・雪山にひびくマシンガンの音
・レジスタンスのきびしい戦い
・戦いの中において女のおろかさ、一人の愛する男のために
全国民尾おも犠牲にする
・山をスキーで超えナチの要塞へ侵入し工場を破壊する
次には飛行機で爆撃、これが日本だったらきっととっこうたいだろうな、
島国だから・・・。(すばらしい若者たちよ)
・ある飛行機のまるい羽根 ○戦を思い出す
・日本は強い国だった。権力者という腹の中のどす黒いやつが
いなかったらきっと、勝利を手中におさめただろうに。
・女のあさはかで軽薄なこと
・目先のことだけにとらわれて、先の事を全然読むことが出来ない。
・人類の明日を救うために何百人もの人を犠牲にしなければンらないとしたら
一体どうするだろうか
何百人を思えば人類の明日は消えてしまう
答えは必然と出てくるであろう(しかし、実際そうしてよいか解らない)
・ナチは不気味だ。黒く重たい足音、ドカドカッ  生命の光が
また、一つ消える
・船底には時限爆弾を仕掛けるその時、時計の小刻みの音が
妙に心をあせらせる。
・列車が近づく。早く、早く、男は冷静さを失わない
私だったら・・・もう焦ってできない 早く!早く!あせる、あせる
・友人の妻が赤ん坊を抱いて船に乗るのを見つけ、爆弾の仕掛けてある
船へ乗ってしまう   男の強い心(弱さかね?)それが人間なのか
・子供たちに救命具を使って遊ばせ助けようとする彼、知能も抜群
やる気十分
・作戦成功 船は見事に沈み、子供たちは無事助かった。
何事もなかったような静かな水面・・・

           THE END

戦争実話であったそうだ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
お役立ち情報
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポエムービー

Author:ポエムービー
言葉文字詩の世界へようこそ
少しでもあなたの心に響きますように・・・

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
現在
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。