FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が死んでしまっても  クリスティナ・ロセッティ

私が死んでしまっても

私が死んでしまっても
やさしいきみよ
私のために悲しい歌を歌わないでください
私の上にバラの花も
かげ深い糸すぎの木も植えないでください
ただそこにはつゆにぬれる
緑の若草をしいてください
そしてあなたが思い出すなら思い出して
忘れるなら忘れてください
わたしはかげも見ないでしょう
雨も感じないでしょう
苦しげに鳴いている
夜鶯の声もきかないでしょう
そして朝も夜もない薄明かりの中で
私は永久にうつらうつらと
思い出したり忘れたりしているでしょう
スポンサーサイト

星と花

星と花     詠み人忘れた

同じ「自然」のおん母の
み手にそだちし姉と妹
み空の花を星といい
わが世の星を花という

かれとこれとにへだたれど
においは同じ星と花
えみと光を宵々に
かわすもやさしい花と星

さればあけぼの雲白く
み空の花のしぼむとき
みよ白つゆのひとしずく
わが世の星になみだあり

川のなげき    クリスティナ・ロセッティ

川のなげき   

川は海を探している
それより深くもっと深く
私の心はあなたを探して行く
遠くはるばると
川が一人ぼっちで流れながら
淋しく泣いているように
私も泣いている
たった一人残されて

明るく輝く日に向かって
心ゆくまで花びらをひろげる
可憐な薔薇のように
私もあなたに会うと
心ゆくまで話してしまう
何にもかくさずに
あなただけには

きよらかに  おおらかに
日に向かって消えてゆく
朝霧のように 私の心も
あなたを思って消えてゆく
緑の大地に
なんのあとも残さない霧のように
私の思いもあなたの顔のように
あともなくきえてしまう

川には行く手がある
霧には流れる道がある
太陽は花ざかりのバラをよろこばす
けれど私は悲しみをしのんだとて
やがて
あなたにめぐりあうだろうか
ああこの悲しみ
しのんだあとで・・・

     クリスティナ・ロセッティ

寒い夜   クリスティナ・ロセッティ



寒い夜      クリスティナ・ロセッティ


こんなにつめたい冬の夜
おさないひつじは、どこにいる
かあさんひつじの毛の中に
楽しくもぐってねむります


こんなにぬれた霧の夜
かわいいひなどり どこにいる
かあさん鳥のつばさのかげ
夜がしらむまで ねむります

野でも森でもかまわない
そんなにやさしいあたたかい
ゆめのねどこがあったなら
この私にもあったなら・・・・

のぞみ



のぞみ        クリスティナ・ロセッティ


目にみえぬ空のかなたゆく
一羽の小鳥になりたい

ただ一度きいたのち
いくたびも思い出される
歌になりたい

そよ風にゆれる
ゆかの上のしらゆりのかげに
なりたい

すぎたむかしのすべてに値する
愛のことばのこだまになりたい

わすれはてて二度と
生まれてこぬ希望の
その記憶になりたい

最新記事
お役立ち情報
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

ポエムービー

Author:ポエムービー
言葉文字詩の世界へようこそ
少しでもあなたの心に響きますように・・・

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター
現在
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。